人口減の先を見据えて 週のはじめに考える

中日新聞
2018-02-14

将来の日本の人口維持をうたって政府が旗を振った「地方創生」の五年計画が折り返しの時期を迎えました。狙い通り、流れは変わるでしょうか。

わたしたち一人一人の体重が同じと仮定したとき、日本全体でバランスを保てるようになる場所を「人口重心」といいます。

最新、つまり二〇一五年に行われた国勢調査の結果から総務省が算出したところ、今回は岐阜県関市、武儀(むぎ)東小学校から東南東へ約二・五キロの地点となりました。

全文は下記

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2018021202000088.html

他の見出し