夫のHIV、親に相談できず 妊娠は体外受精で

朝日新聞デジタル【鍛治信太郎】
2018-02-11

HIV(エイズウイルス)感染者の会社員男性(47)は2006年4月、感染者の精子で安全に体外受精させる研究をしている荻窪病院を妻(45)とともに訪れた。

全文は下記

https://www.asahi.com/articles/ASL275TWHL27UBQU01C.html

他の見出し