血管つくる幹細胞を発見 大阪大、マウス実験で再生確認

朝日新聞デジタル【合田】
2018-02-10

マウスの体内で血管をつくる源となる「幹細胞」をみつけたと、大阪大学微生物病研究所のチームが9日、米科学誌セル・ステムセルで発表した。この細胞を血流が滞ったマウスの足に注射すると、血管が新しくつくられたという。

血管には、栄養素や老廃物を受け渡す場所の役割のほか血管を新しくつくる時にも働く「血管内皮細胞」や、周りを囲む「壁細胞」がある。血管が作られるとき、どのように内皮細胞が次々と生まれてくるかは詳しく分かっていなかった。

全文は下記

https://www.asahi.com/articles/ASL284SX7L28PLBJ004.html

他の見出し