医療現場に足りないもの、それは「大丈夫!」と「覚悟」

朝日新聞デジタル【アピタル・大野智】
2018-02-09

医療現場で治療方針を決めるといった意思決定をする際、医療者側は患者に病状や治療法などを分かりやすく説明しなければいけません。一方、患者側は医療者から提示された正確な情報をもとに、自身が納得のいく判断をする必要があります。そうした意思決定を支援する取り組みも始まりつつありますが、まだまだ十分とはいえない現状があります。今回は、意思決定の場面に足りないことは何かを考えてみたいと思います。

全文は下記

https://www.asahi.com/articles/SDI201802062559.html?iref=com_apitop

他の見出し