食べ物が気道に入り重症化も…誤嚥性肺炎、「パタカラ体操」で蘭hを

YOMIURI ONLINE(冬木晶)
2018-02-08

年齢とともに、ものをのみ込む力が弱ってくると、食べ物などが誤って気道に入って、肺に炎症が起きることがあります。これが 誤嚥 性肺炎です。肺炎は日本の死因の第3位ですが、肺炎にかかった高齢者の大部分は誤嚥性肺炎とされており、日頃からの予防が大切です。

全文は下記

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180205-OYTET50040/?catname=news-kaisetsu_

他の見出し