あるDJの安楽死きっかけ…「尊厳死法」を施行

YOMIURI ONLINE【ローマ=佐藤友紀】
2018-02-03

国民の8割がカトリック教徒のイタリアで1月31日、尊厳死を認める法律が施行された。

一人の男性の安楽死をきっかけに、「神以外の手で死をもたらす」としてタブー視されてきた行為への容認論が広がり、ローマ法王フランシスコの「鶴の一声」もあって議会が動いた。法律では「医師は延命治療を望まない患者の意思を尊重しなければならず、その際殺人罪などに問われない」となっている。

全文は下記

http://www.yomiuri.co.jp/world/20180202-OYT1T50040.html

他の見出し