胎児治療(8:情報編)母子に負担、判断は慎重に

朝日新聞デジタル【大岩ゆり】
2018-01-13

お母さんのおなかの中にいる間に赤ちゃんの病気を治療する「胎児治療」は、国内では2002年に本格的に始まった。治療は超音波診断や内視鏡手術など医療技術が進んだことで試みられるようになった。公的医療保険が適用されて一般的になったものから、臨床研究段階のものまで様々だ。

全文は下記

https://www.asahi.com/articles/ASL1C5S16L1CUBQU00X.html?iref=com_apitop

他の見出し