65歳以上が過半数…高齢者搬送に備え、在宅医と救急医が連携

YOMIURI ONLINE(安藤奈々)
2018-01-10

自宅で療養する高齢者の容体が悪化し、救急にかかるケースでは、在宅医と救急医の連携が求められる。茨城県日立市の星野進さん(84)は、のみ込む力が低下し、6月に救急医療も行う 小豆畑 病院(茨城県 那珂 市)に入院した。訪問診療を行う「いばらき診療所ひたち」の紹介だった。リハビリテーションを受け2か月で退院。引き継ぎを受けた在宅医のもとで、自宅での生活を再開できた。

全文は下記

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180109-OYTET50013/?catname=news-kaisetsu_

他の見出し