31歳目前に「余命5年」 大切なもの知った女性経営者

朝日新聞デジタル【堀川勝元】
2018-01-09

約3年前、病気で突然の余命宣告を受けた30代の女性経営者が、外見では分からない病気や障害があることを周囲に知らせる「ヘルプマーク」の普及に取り組んでいる。家族らの支えに幸福を感じながら、「今日一日を大切に」との思いを胸に前へ走り続けている。

「余命は5年です」

2014年8月18日、三重県四日市市の小崎麻莉絵(こざきまりえ)さん(34)は医師から告げられた。骨髄異形成症候群。血液が正常につくれなくなる病気だ。完治にはリスクが高い骨髄移植と抗がん剤治療が必要と告げられた。

全文は下記

https://www.asahi.com/articles/ASL185367L18ONFB006.html

他の見出し