死刑囚の執行、選んだ理由は黒塗り 法務省の公開文書

朝日新聞デジタル【小松隆次郎】
2017-12-31

法務省は今年7月に2人、12月に2人の計4人の死刑を執行した。12月27日時点で収容中の未執行の確定死刑囚は122人。このうち95人は再審請求中という。執行された4人のうち3人も再審請求中で、再審請求中の執行は17年ぶりだった。朝日新聞は法務省に情報公開請求をし一部文書の開示を受けたが、ほとんどは黒塗りで執行の詳細はベールに包まれている。

全文は下記

https://www.asahi.com/articles/ASKDY5Q74KDYUTIL01K.html

他の見出し