自殺考えた人21%、うち2割「試みた」…埼玉

YOMIURI ONLINE
2017-12-07

過去に自殺を考えたことがある人は2割に上り、そのうち2割が実際に自殺を試みた経験があることが、埼玉県が行った県民アンケート調査の結果で分かった。

相談先は家族など身近な人が上位を占めたが、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などのインターネットのサイトを挙げる人が公的機関の窓口を挙げる人を上回るなど、相談窓口に関する周知が不足している実態も浮かんだ。

全文は下記

http://www.yomiuri.co.jp/national/20171205-OYT1T50033.html

他の見出し