性を売らないで JKビジネス「被害少女」の更生目指す

朝日新聞デジタル【田中恭太、鈴木春香】
2017-12-06

児童の性的搾取にあたるとして国際的に批判が強い、「JKビジネス」や児童買春。店が摘発されると、働いていた少女らは「被害者」として扱われるため、社会復帰の支援対象としては十分な光が当たってこなかった。愛知県警は今年、捜査の初期段階から少女らを支援する独自の取り組みを始めた。

全文は下記

http://www.asahi.com/articles/ASKCK413HKCKOIPE013.html

他の見出し