アルコール依存症と闘う 苦い過去・・・ 自分見つめ直す 回復へ周囲が理解を

中日新聞
2017-12-05

忘年会で飲酒の機会が増える師走だが、アルコール依存症と闘う人たちにとっては誘惑の多い時季でもある。酒による過ちと日々向き合いながら、断酒に努力する人たちを取材した。(福永保典)

「日馬富士も飲んでなければね」。下諏訪町の諏訪共立病院で週1回開かれる依存症の人たちの自助グループ「酒害者回復クラブ」。芸能人の酒の失敗にまつわる世間話から始まり、やがて話題は自らの体験へと進む。

全文は下記

http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20171205143209466

他の見出し