一人で死ぬ人は「かわいそうな人」なのか

PRESIDENT Online 掲載【齊木乃里子(さいき・のりこ)】
2017-12-01

日本はこれから“超高齢社会”を迎える。その社会では多くの人が、誰にも看取られないまま死を迎える。だが、そうした「孤独死」を悲惨なものと考えるのは早計だ。避けられない現実と向き合いつつ、「明るい孤独死」を実現する方法はないのか。なにがいまの日本に足りないのか――。

私たちは、死について語るときよく使うフレーズを持っている。例えば、「畳の上で死ねない」「ろくな死に方をしない」「親の死に目に会えない」……。そこから類推するに、日本では、「畳の上(=自室)」で「家族に看取られながら」亡くなるのが、人生の最期の理想の姿であるというのが暗黙の了解のようだ。ただし最近では、前者(=畳の上での死)を満たせても、後者(=誰かに看取られること)が達成できなければ、同情の対象や、事件として取り扱われるケースが出てきた。いわゆる「孤独死」である。

全文は下記

https://news.goo.ne.jp/article/president/life/president_23738.html

https://news.goo.ne.jp/article/president/life/president_23738.html?page=2

https://news.goo.ne.jp/article/president/life/president_23738.html?page=3

他の見出し