近藤誠氏「ワクチン副作用の恐怖」批評

BLOGOS 【岩田健太郎)】
2017-11-28

近藤誠氏の「ワクチン副作用の恐怖」(文藝春秋、以下「恐怖」と略す)を読みました。

放射線医学が専門である近藤氏がワクチンを論ずるのはこれが初めてではありません。これまでも何度もワクチンの問題を取り扱っています。例えば、近藤氏は2001年に「インフルエンザワクチンを疑え」という論考を発表しています(「文藝春秋」2001年2月号)。私は当時ニューヨーク市で内科の研修医をしていましたが、この論考の科学的瑕疵を指摘したことがあります(岩田健太郎「正論」2001年5月)。

近藤氏が予防接種や感染症の専門家ではないから、この領域を論じてはいけないとは思いません。

全文は下記

http://blogos.com/article/261534/

http://blogos.com/article/261534/?p=2

他の見出し