<高齢者の救命>本人望めば蘇生中止 消防庁委託研究班提言

毎日新聞【長谷川容子】
2017-11-19

増加する高齢者の救急搬送を受け、総務省消防庁から委託された研究班が、持病や老衰で終末期にある介護施設などの高齢入所者が心肺停止した場合の対応手順案をまとめた。本人の事前意思と医師の指示がセットで確認できた場合は蘇生処置の中止を認めており、研究班は高齢者の蘇生処置を巡る法整備をにらんだ議論の高まりを期待している。

全文は下記

https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20171118k0000e040286000c

他の見出し