「母だったら…」家族で選んだ臓器提供 批判や誤情報も 心のつかえ取った“無記名の手紙”

西日本新聞
2017-11-14

まだ50代の妻が、福岡の自宅でテーブルに突っ伏して動かなくなったのは、昼すぎのことだった。一緒にいた高校生の次女の悲鳴を聞いて、男性(61)は隣にある職場から駆け付けた。

脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血。救命救急センターに運ばれ、人工呼吸器が装着された。主治医に「家族全員を呼んでください」と言われ、4人の子どもと一緒に説明を受けた。「脳幹部の出血がひどく、今の医療では99・9%、救命は難しい。脳死の状態です」

全文は下記

https://news.goo.ne.jp/article/nishinippon/life/nishinippon-20171110170156075.html?page=4

https://news.goo.ne.jp/article/nishinippon/life/nishinippon-20171110170156075.ht

https://news.goo.ne.jp/article/nishinippon/life/nishinippon-20171110170156075.ht

https://news.goo.ne.jp/article/nishinippon/life/nishinippon-20171110170156075.ht

他の見出し