里親・特別養子縁組で親になる

YOMIURI ONLINE(加納昭彦 医療部)
2017-11-14

先月、医療ルネサンス「がん治療と妊娠」を担当しました。

抗がん剤や放射線による治療の影響で、がんが治っても妊娠・出産が難しくなる場合があります。将来、赤ちゃんを望むのであれば、治療に入る前に精子や卵子などを凍結する「妊よう性温存」をする必要があります。

連載は、このことをテーマにしていました。しかし、必ずしも誰もが妊よう性を温存できるわけではありません。命に関わるがん治療が最優先で、病気のできた部位や進行度によっては、あきらめなければならないからです。

連載では、そのようながん患者が子供をもつ選択肢として、親元で暮らせない子どもを預かって育てる「里親」や、虐待や貧困などの理由で実親と暮らせない乳幼児を実子として育てる「特別養子縁組」があることに触れました。

全文は下記

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171113-OYTET50064/?catname=column_iryobu

他の見出し