「妻は夫の後から逝く方が…」 年老いた夫婦の幸せとは

朝日新聞デジタル【岩崎賢一】
2017-11-14

家に入るなり、焦げたにおいに母が気づいた。キッチンの鍋のふたを開けるとおしるこが焦げていた。

「どうしたの?」「火をつけている間、見ていなかったの?」「高い鍋なのに……」

矢継ぎ早に問いかける母に、一人で留守番をしていた父は黙り込んでしまった。

その場にいた私の口から出てきた言葉は「火事になっちゃったら、行き先がないんだよ」「もう火は使わないで」だった。ちょっと強く言い過ぎたと反省しているが、住宅街の一軒家で、火災は怖い。

全文は下記

http://www.asahi.com/articles/ASKC53H5GKC5UWPJ001.html

他の見出し