<いのちの電話>「この叫び聞いて」相談内容は深刻化

毎日新聞【和田浩幸】
2017-11-12

自殺予防のために悩みを聞く全国の「いのちの電話」に相談が殺到し、対応が追いつかない状況が続いている。神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件では、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で自殺願望を漏らした女性たちが巻き込まれた。追い詰められた人々のケアの現状はどうなっているのか。

昨年は相談時間の合計が1万5400時間(1人当たり33分)と過去最長だった。相談件数は最多の2013年(約3万1000件)より減ったが、相談時間が延びたため、電話をかけたがつながらなかった人がむしろ増えた可能性がある。過去の調査では、かかった電話の3〜4%しか出られなかったというデータもある。

全文は下記

https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20171112k0000m040058000c

他の見出し