着床前診断(5:情報編)臨床研究、広がる対象疾患

朝日新聞デジタル【大岩ゆり】
2017-11-11

赤ちゃんの誕生前に病気の有無などを調べる検査には、妊娠後に胎児の遺伝子などを調べる「出生前診断」と、妊娠前に受精卵の遺伝子などを調べる「着床前診断」がある。着床前診断は出生前診断に比べて母体への負担が少ない。いずれも公的医療保険の対象ではなく、着床前診断などは臨床研究として実施されている。

全文は下記

http://www.asahi.com/articles/ASKCB0211KC9UBQU022.html?iref=com_apitop

他の見出し