「子どもの死」検証を制度化へ 事故や虐待の経緯を集積

朝日新聞デジタル【西村月j】
2017-11-11

厚生労働省は、事故や虐待などによる子どもの死亡事例を幅広く検証し、再発防止につなげる制度を導入する方針を固めた。「Child Death Review(チャイルドデスレビュー、CDR)」と呼ばれ、死亡に至った経緯を詳細にデータ化するのが特徴だ。虐待死や保育現場での事故死など痛ましいケースが後を絶たないためで、2020年度までに具体的な制度設計を終え、導入したい考えだ。

全文は下記

http://www.asahi.com/articles/ASKC95DWBKC9UTFK00L.html

他の見出し