ドイツ、来年までに「第3の性」認める法改正へ 欧州初

時事【カールスルーエAFP】
2017-11-10

ドイツの連邦憲法裁判所は8日、議会に対して、生まれながらの「第3の性」を認める法改正を2018年末までに行うよう命じた。実現すれば、欧州で初めてインターセックスの人たちが男性でも女性でもない性を選べるようになる。

インターセックスの人々は、染色体や性器など性的形質が典型的な男女の区別に完全には適合しないといった特徴がある。インターセックスの原告は、出生届の性別の選択肢に男女のほかに「インター」か「複数」を加えるよう求めて訴訟を起こしていた

全文は下記

https://www.jiji.com/jc/article?k=20171109036403a&g=afp

他の見出し