自宅で家族といるように 高齢者の「我が家」、米で急増

朝日新聞デジタル【及川綾子】
2017-11-10

医療や介護が必要になり、施設で暮らすようになっても、自宅にいるように好きな時間に起きたり、食事ができたりしたら……。そんな高齢者の思いをかなえる住まい「グリーンハウスプロジェクト」が、米国で注目を集めている。

グリーンハウスプロジェクトは、既存の大規模な「ナーシングホーム」(医療や介護が必要な高齢者向けの入所施設)ではなく、自宅のような建物で高齢者が暮らし、自室にトイレやシャワーを持つといった新しい住まいの形だ。現在約30州で、非営利団体などにより200近くが運営されている。その一つ、ニュージャージー州ウェストオレンジのグリーンハウスを訪ねた。

全文は下記

http://www.asahi.com/articles/ASKC26SY1KC2UEHF020.html?iref=sp_life_eldercare_n

他の見出し