一人静かにひっそりと、誰にも迷惑をかけない「孤独死」の準備とは?

THE PAGE
2017-11-09

誰にも迷惑をかけず、ひっそりと生き、世間の片隅で静かに心安らかに死ぬ、そんな孤独死。でも今の世の中では、そんな孤独死を遂げるためには、いくつかの準備が必要です。

孤独死への準備として、何より先におすすめしたいのが、不要な延命措置をお断りするリヴィング・ウィルの作成です。

病気で回復の見込みはなく、意識さえ失い、植物状態になっても、人工呼吸器や経管栄養などの延命措置によって生き長らえる、そんな状況を望む人はほとんどいません。しかし今の日本の病院では、きちんと意思表示しないと、延命治療を延々と続けられるおそれがあります。

親族がいれば、本人が意識不明になっても、代理で意思表示してくれるという期待もできますが、孤独死予備軍とも言うべき一人暮らしでは、自分で意思表示する文書をあらかじめ用意しておかないといけません。これがリヴィング・ウィルです。

全文は下記

https://news.goo.ne.jp/article/thepage/life/thepage-20171030-00000007-wordleaf.h

https://news.goo.ne.jp/article/thepage/life/thepage-20171030-00000007-wordleaf.h

https://news.goo.ne.jp/article/thepage/life/thepage-20171030-00000007-wordleaf.h

他の見出し