被害者支援と死刑廃止で異論も 人権擁護大会

中日新聞
2017-10-08

日本弁護士連合会が大津市で開いていた人権擁護大会は6日、犯罪被害者支援の充実を求める決議など4件を採択し閉幕した。昨年の大会で死刑廃止を求める宣言が採択されたこともあり、一部弁護士から「被害者支援の充実と死刑廃止の両立はおかしい」などの異論も出た。

全文は下記

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017100790011108.html

他の見出し