ゲノム編集 ドーピング指定 来年から、検査法が課題

中日新聞
2017-10-07

世界反ドーピング機関(WADA)がまとめた2018年のドーピングに関する禁止薬物リストに、遺伝子を自由に改変できるゲノム編集技術を使った遺伝子ドーピングが新たに加えられたことが分かった。リストは来年1月1日から有効となる。

ゲノム編集は、狙った遺伝子を効率良く改変でき、病気の治療や食物の品種改良への応用が期待される新技術。生命科学研究の世界では「ノーベル賞級」と評価され、急激に広がっている。報告例はないが、筋力増強など運動能力の向上にも活用できるとされ、ドーピング目的での使用が懸念されていた。20年の東京五輪・パラリンピックを前に、検査法の開発などが課題となりそうだ。

全文は下記

http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20171006131133792

他の見出し