「…消えてしまいたかった」15歳でレイプされた少女はAV女優になった′ウAV女優・大塚咲が初めて語った壮絶な過去

ダ・ヴィンチニュース【文=石塚就一】
2017-09-11

大塚咲さんは画家や写真家として活躍しているアーティストであり、2017年3月には初となる絵画の個展も開催している。現在は精力的に作品制作へと励んでいる大塚さんだが、彼女の過去には壮絶な体験が繰り返されていた。

『よわむし』(双葉社)は大塚さんの自伝であり、初の著作となる。男性社会の中で傷つけられ、自分を見失いながらも生にしがみついた大塚さんの姿は、女性読者に強い印象を残すだろう。そして、男性読者には知らず知らずのうちに抱きがちな「男尊女卑」の価値観を反省するきっかけになるのではないか。

全文は下記

http://news.livedoor.com/article/detail/13594379/

他の見出し