【まとめて読む】臓器提供できますか? 妻は切り出した

朝日新聞デジタル【宮島祐美】
2017-09-11

東海地方に住む33歳の男性は、今年5月、脳出血で病院に搬送されました。2カ月前にも脳出血を起こし、社会復帰に向けてリハビリに励むさなかのこと。主治医から「脳死に近い状態で、きわめて厳しい」と告げられた妻(31)は、病院内で臓器提供の協力を呼び掛けるポスターを目にしました。「家族が提供の意思を示すのは今かもしれない」と、医師や夫の両親に臓器提供について切り出します。男性は生前、意思を残していませんでしたが、家族の承諾で臓器を提供することになりました。

全文は下記

http://www.asahi.com/articles/SDI201709083167.html?iref=com_apitop

他の見出し