赤ちゃんに障害が見つかったある家族の決断【ルポ・出生前診断】 すべてを正直に、話します

現代ビジネス
2017-09-10

妊娠中に、赤ちゃんの病気や染色体異常などを調べるための「出生前診断」。2013年には母親の血液から赤ちゃんの異常を調べる新型出生前検査(NIPT)が始まり、診断を受ける人はますます増えている。では、出生前診断で異常を告げられた妊婦さんや家族は、何を考え、どう決断したのか――NHK取材班が多くの人たちと対話し、そこからみえてきた「納得のいく決断のために必要なこと」をまとめたのが『出生前診断、受けますか? 納得のいく「決断」のためにできること』だ。本書に登場するひと組の家族の物語を特別公開する。

全文は下記

http://news.livedoor.com/article/detail/13589470/

他の見出し