命も日常も、原爆が奪い去った 12人家族が背負う記憶

朝日新聞デジタル【久保田侑暉、左古将規、辻村周次郎、宮崎園子】
2017-08-07

被爆者の平均年齢は81歳を超え、当時の記憶がない人々が、核廃絶と継承の最前線に立っている。戦前の穏やかな日常、原爆のむごさ、戦後も続く葛藤。被爆から72年、広島の12人の家族「藤森家」が背負う記憶をたどる。

全文は下記

http://www.asahi.com/articles/ASK7X031WK7WPTIL03H.html

他の見出し