「市民が脱原発後押しを」と指摘 広島の国際会議で識者訴え

中日新聞
2017-08-07

原水爆禁止日本国民会議(原水禁)の世界大会国際会議が5日、広島市で開かれた。台湾や韓国が脱原発にかじを切った経緯として、東京電力福島第1原発事故で機運が高まり、市民運動による後押しがあったことを専門家らが紹介。今後の課題についても意見を交わした。

全文は下記

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017080501001582.html

他の見出し