余命知りたいが「告知なし」4割…進行がん患者

YOMIURI ONLINE
2017-08-07

がん治療について余命を知りたいと思っていたが、医師から聞いていない人が、進行がん患者の4割に上ることが、厚生労働省研究班の調査で分かった。

人生の最終段階における医師と患者のコミュニケーションの難しさが改めて浮き彫りとなった。

全文は下記

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170805-OYT1T50002.html

他の見出し