[岩佐まりさん]母の認知症、20代で直面

YOMIURI ONLINE(聞き手・大郷秀爾)
2017-07-17

ケーブルテレビのリポーターなどとして活動するフリーアナウンサーの岩佐まりさん(33)は、「若年性アルツハイマー型認知症」と診断された母、桂子さん(69)と4年前から同居し、世話をしています。若くして始まった親の介護ですが、「介護も仕事もプライベートも充実させたい」と明るく話します。

何かを犠牲にして介護をしても、される側はうれしくないと思うんですね。どうせなら楽しく介護したい。母が嫌がらずにお風呂に入るためにはどうしたらいいか、謎解きをするような感覚です。うまくいった時は達成感もあります。仕事も恋愛も結婚もバランス良く、「ちゃんとやっているよ」と母に言えるようにしたいです。

全文は下記

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170712-OYTET50011/?catname=column_care-no

他の見出し