小林麻央さんが選んだ「在宅ホスピス」の実態 どんな医療ができるの?容態が急変したら?

東洋経済オンライン
2017-06-26

乳がんで闘病中だった小林麻央さんが、2017年6月22日夜に旅立たれたことが報じられました。麻央さんは自分のがんを公表し、その闘病生活をブログ上でつづってこられました。そして、200万人を超える人がその記事を読み、共感し、励まされ、勇気づけられました。

人生の最期を迎えようとするその生き方を、リアルタイムでこれ程多くの人から注目されてきた人は、今までいなかったのではないでしょうか。幼いお子様を遺して他界しなければならなくなったことに悔しい思いをされてきたことと思いますが、心からご冥福をお祈りしたいと思います。

小林麻央さんがブログにつづってきた闘病生活は、多くの人にとって病気になったときの生き方を考えさせられるだけでなく、人生そのものについて再考させられるよい機会となりました。

在宅ホスピスの利点を、次のように述べられています。

・自宅では束縛のない“生”を全うできる
・家には最期までその人の役割(生きる希望)がある
・住みなれた場所であり最も居心地が良い
・いつも家族がそばにいるため孤独から開放される
・家族は病院と家の二重生活をしないですむ

全文は下記

https://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/life/toyokeizai-177847.html

https://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/life/toyokeizai-177847.html?page=2

https://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/life/toyokeizai-177847.html?page=3

他の見出し