<新刊紹介>「訪問看護師ががんになって知った『生』と『死』のゆらぎ」

中日新聞
2017-04-19

「訪問看護師ががんになって知った『生』と『死』のゆらぎ」川越博美著(日本看護協会出版会、1728円) 著者は長年、在宅ケアに関わる訪問看護師。これまで出会った家族や末期がん患者へのケア、自身の介護経験と白血病の闘病生活を振り返りながら、人が生きること、死ぬことを考えるエッセー集。月刊誌「コミュニティケア」に連載された「訪問看護師ががん患者になって考えた 死にゆく人に寄り添い支えること」を大幅に加筆した。

全文は下記

http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20170418145723743

他の見出し