原発避難いじめ 「心の傷」は見逃さない

中日新聞
2017-04-18

原発事故のために避難した子どもに対するいじめの状況を文部科学省が公表した。把握されたケースは氷山の一角かもしれない。避難を余儀なくされた子どもらを見守り、異変を見逃さずにいたい。

調査は、福島原発事故後に福島県の内外に避難した小中高生ら約一万二千人を対象に行われた。二〇一六年度は百二十九件、一五年度以前は七十件の計百九十九件。このうち震災や原発事故に関連したケースは十三件だった。

全文は下記

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2017041702000108.html

他の見出し