クローンの作製効率向上、近畿大 3種化合物で培養

中日新聞
2017-04-16

培養過程に3種類の化合物を使うことで、クローンマウスの作製効率を最大約25%まで高める手法を開発したと、近畿大や京都大などのチームが15日、海外学術誌の電子版に発表した。これまでは1〜数%だった。

全文は下記

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017041501001437.html

他の見出し