[QOD 生と死を問う]最期の場(下)慣れたホームで療養

YOMIURI ONLINE(飯田祐子、小沼聖実)
2017-04-07

「最期まで住み慣れた場所で過ごしたい」と考える高齢者は多い。その希望をかなえ、自宅など生活の場で 看取 りを行うための体制作りが、全国各地で始まっている。

ほぼ寝たきりという90歳代の女性が、ベッドでまどろんでいる。向かいの居間で談笑する声が聞こえ、台所からは、昼食を調理する匂いが漂ってくる。

全文は下記

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170327-OYTET50039/?catname=news-kaisetsu_

他の見出し