福島からの避難者差別…誤解が生む中傷・いじめ

YOMIURI ONLINE
2017-03-16

福島第一原発事故の影響で、全国に避難した福島の人たちへの心ない中傷やいじめがやまない。東日本大震災から間もなく6年。いまだに、このような「差別」が横行するのはなぜか。背景を識者に聞いた。

福島県南相馬市で学習塾を経営する番場さち子さん(56)は2014年10月、東京・駒場のマンションの一室に「 番來舎 」を開設した。福島県から原発事故に伴って引っ越した人や県出身者が、悩みをはき出せる拠点だ。子どもたちの学習支援も行う。

全文は下記

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170314-OYTET50004/?catname=news-kaisetsu_

他の見出し