月100円、最期もひとりじゃない 釜ケ崎に見送りの会

朝日新聞【室矢英樹】
2017-03-16

自分が死んだら、弔ってくれる人はいるのか。「家族はいなくても、仲間がいるじゃないか」。ある僧侶の考えで、5年前に始まった日雇い労働者の街での取り組み。その輪は少しずつ広がり、いまを生きる希望にもつながっている。

「お迎えがいつ来てもいいとは思っていますが、なかなか逝けないものです」

全文は下記

http://www.asahi.com/articles/ASK393S5DK39PTIL00M.html

他の見出し