「生活の質」高い都市はウィーンが8年連続首位、最下位バグダッド

ロイター[ウィーン]
2017-03-15

米コンサルティング会社マーサーがまとめた2017年の「世界生活環境調査・都市ランキング」で、オーストリアの首都ウィーンが8年連続して世界で最も生活の質が高い都市となった。最下位は前年に続き、イラクの首都バグダッドだった。

人口約180万人のウィーンは、カフェや博物館、劇場、オペラなど文化面が充実し、家賃や公共交通機関の運賃が他の西側都市に比べて安いといったことが評価された。

全文は下記

http://jp.reuters.com/article/vienna-idJPKBN16L0J9

他の見出し