世界的な安楽死合法化の波に逆らう「真の」緩和ケアを求めて

YOMIURI ONLINE
2017-02-24

窓越しの冬の日差しに溶けていくように逝けたらいいなあ……。でも、そう簡単には死ねない、というのが人間の現実です。かの橋田寿賀子さんは、「認知症になる前にスイスに渡り、ディグニタスという安楽死支援団体の力を借りたい」と、月刊『文藝春秋』2016年12月号で、安楽死を希望していることを明かしました。「認知症になったら死にたい」ということなのでしょうが、合法的に安楽死できるのは末期患者に限ってのことなので、ディグニタスにもお断りされてしまいますね。条件に当てはまるのは、神経難病やがん末期だそうです。そこで、安楽死が合法化されている国、オランダのALS(筋萎縮性側索硬化症)

患者が安楽死をどう思っているのか、聞いてみました。

全文は下記

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170217-OYTET50020/?catname=column_sayonar

他の見出し