映画で考える、死刑と「生きる権利」 渋谷で8作上映へ

朝日新聞【金子元希】
2017-02-18

死刑を題材にした国内外の8作品を上映する「死刑映画週間」が18〜24日、東京・渋谷の映画館「ユーロスペース」で開かれる。

6回目となる今年のテーマは「生きるという権利」。日本弁護士連合会が昨年、「死刑廃止宣言」を出し、制度をめぐる議論がある中、「存廃への賛否を問わず、多くの人が死刑について考える機会にしたい」と市民団体が企画した。

全文は下記

http://www.asahi.com/articles/ASK2F4T13K2FUTIL01R.html

他の見出し