怒ったときの口癖に注意

朝日新聞 【アピタル・田辺有理子】
2016-12-29

怒った時に、よく使っている表現を思い出せますか? 無意識のうちに口癖になっている言葉があるのではないでしょうか。一人でいるときに「チッ」と舌打ちする人、「まったくもう!」などとつぶやく人もいるかもしれません。これが、誰か相手のいる場面だったらどうでしょう。あなたが何気なく発した一言が、相手を不快にさせたり、傷つけたりすることもあるので、注意が必要です。

私たちが怒る時、誰かに何かを伝えたい場合があります。伝えるというのは、感情に任せて怒鳴り散らしたり、相手を攻撃したりすることではありません。ところが、怒っている時には自分の発言が相手を傷つけ、追い詰めていることに自分では気付かないこともあります。アンガーマネジメントは、怒る時には上手に怒ることを目指します。何に怒っているのか、どう変えて欲しいのか、それがきちんと相手に伝わることが重要だからです。

全文は下記

http://www.asahi.com/articles/SDI201612225586.html

他の見出し