編集者: ノボトニー・ジェローム, OMI 2017年07月24日

社会のニュース

伊方原発 安心などどこにもない
何度でも繰り返す。福島の教訓を忘れたままで、原発を動かすべきではない。原発事故は二度と繰り返されるべきではない。

児童婚「私の子ども時代を壊した」 シリア内戦で急増
実母の理解を得て、7カ月後に実家に戻った。結婚時に実家が受け取った20万シリアポンド(当時のレートで約13万円)は返さなくてはならない。シリアでは年収にあたる額という。

8億人、飢餓陥る恐れ 温暖化も要因と国連報告
国際的な食料援助も拡大傾向にあり、WFPによる直接支援額は2009年の22億ドル(約2500億円)から16年には53億ドルに膨らんだ。報告書は「援助増額だけでなく、内戦解決など根本的な原因への対策が求められる」と指摘した。

若者の政治家や宗教家への信用、世界的に大きく低下 調査
幸福の定義を尋ねられた回答者は、2012年と2017年の両方の調査で、家族や友人と時間を過ごすことと回答している。だが2017年の調査では、特に先進国において、休暇や楽しみに時間を確保できることがその次に重要と位置付けられた。2012年の次点は金銭だった。

2016年のエイズ死者数100万人、ピーク時のほぼ半数に 国連
UNAIDSによると、2016年は世界のHIV感染者3670万人のうち1950万人が治療を受けることができていた。HIV感染者の半数以上が抗レトロウイルス療法を受けていたのは初めて。抗レトロウイルス療法ではHIVを死滅させるのではなく、その増殖を抑える。

父が目の前で吹き飛んだ 言葉失ったシリア難民の子
この日、カリド君は母サルマさん(33)と母の姉ヌールさん(36)、きょうだいらと一緒にセンターに来た。国境が閉鎖される中、半年ほど前に、ヌールさんの子どもを含め計9人でシリアから逃げてきたという。仮名を条件に取材に応じた。「カリドは、約9カ月前から口がきけなくなった」とサルマさんは言った。

伊方原発3号機の運転差し止め垂オ立て却下 松山地裁
伊方原発は国内最大規模の活断層「中央構造線断層帯」付近にあり、南海トラフ巨大地震のリスクもある。住民らは昨年4月の熊本地震を受け、「伊方付近でも地震のおそれがあり緊急性が高まった」として、再稼働に先立つ昨年5月に申し立てをし、計5回の審尋や書面で四電側と主張を交わしてきた。

虐待受けた子どもの養育、里親・特別養子縁組を優先へ
社会的養護はもともと孤児への対応が主眼で、2010年時点で施設が9割を占めていた。だが、虐待された子どもは集団生活よりも特定の大人による対応が望ましいため、11年に里親やファミリーホームなどの割合を29年度までに3分の1に引き上げる数値目標を設定。15年4月時点には15・8%になった。

他の見出し

読んでください

New! 派遣される喜びのうちに

Ikeda Masaaki イケダ マサアキ
日本で「マーチフォーライフ」を始めて今年で4回目。数寄屋橋の交差点から国会議事堂をめざして日比谷公園に向かう、 日本でもっとも華やかなデモコースを行くのが恒例だ。 しかし今年はいくつかの点からこれまでとは大きく様相を異にする歩みとなった。

New! 生前記憶

Mizutani Morihito ミズタニ モリヒト
NHKの朝ドラ。『花子とアン』、毎日見ています。 最近、花子の長男・歩君がわずか4歳で、天国に逝ってしまいました。母親の花子は「 私みたいな母のところに生まれてこなければ、あゆむはもっと幸せになれた。 私の子なんかに生まれてこなければよかったのに」と号泣します。

New! マーチフォーライフ

Ikeda Masaaki イケダ マサアキ
きょう7月13日は「生命尊重の日」。1948年の7月13日に優生保護法が制定され、 それ以来いのちが粗末にされる社会になってしまったことを思い起こす忘れられない記念の日です。 きょうこの日から今年のマーチまであと4日。

未婚の母のためのガイドライン
交際の時の注意事項

Editorial オピニオン
未婚の母のためのガイドラインのガイドライン(注意事項)は、未婚の母が将来、結婚するかもしれない人をより良く理解し始めた時、不安を抱かせないように手助けする目的で作られました。

御主人達へ

Billings, John ビリングス・ジョン
妊娠とは夫婦二人の共同作業の結果なのだから。だから妊娠を避けるのも、二人が協力し合わなければならない。

遺伝的無法者になったママたち

Reist, Melinda T. レイスト・メリンダ
オーストラリア、パッラマッタParramatta、2006年5月27日 − 私たちの社会はますます完璧さを要求するようになり、問題があると診断された赤ん坊は、堕胎されることの方がそうでない場合よりも多くなっています。しかし一部の女性たちは、プレッシャーをはねのけて、障害を負った子どもを出産しています。

思いやりの法則

Charles, S. チャールズ
同性に惹かれるという性癖は(同性愛の実際の営みとは違って)、自分で選べるものではなく、とても根深いので、同性に惹かれることのない人は、彼等に忍耐強く思いやりを持たなければならない。人は自分の行動や自分が支持する考えに責任を持つべきであるが、自分で選ぶことの出来ない性癖そのものにまで責任を負わせるのは不当である。「神はホモが嫌い」という標識を掲げても何の役にも立たないし、好きで持った訳ではない性癖を持つ人達への卑怯な中傷に見える。又、実際同性愛を奨励し実行している人達にも、忍耐と思いやりは必要である。性癖は生まれつきのものらしいし、現代社会も「性欲を満たすことは悪いことではない」と同性愛傾向にある人達に言っているようなものだから、彼等の多くは単に無知で「同性愛行為は何も悪くない」と本気で信じるように誤って導かれている。また多くが「セックスをしない事」と「孤独感」を間違って同一視してしまっている。親密で純粋な友情が確立されていればそういうことはないはずだから、本当の友情の意味を見失っているこのセックス奨励社会だからこそ、この二つがいっしょに考えられてしまうのだろう。文化は思いやりや美徳の美しさを隠してしまうことが多くあるので、独自の「ライフスタイル」を送っている人達に繊細で気長な理解を持ち、静かに穏やかに愛をもって真実に立ち会うのが良いだろう。

中絶する女性:「胎児に関する彼女たちの考え」

Reardon, David リアドン・デビッド
この対立は、中絶クリニックの待合室において特によく見られます。クリニックでの面接調査によって、少なくとも中絶を受ける女性の70パーセントが、中絶を非道徳的な、または逸脱した行為であると考えていることが確認できます。1自らの道徳的信念によって選択するというよりはむしろ、大部分の女性が自らの信念体系に反した行動をとっています。彼女たちは、状況によって、または愛する人によって、なんらかの「他の利益のために」自分たちの良心に背くことを「強制された」と感じています。