編集者: ノボトニー・ジェローム, OMI 2019年12月16日

読んでください

危機にある赤ちゃんを救うために

Hitomi Shigeki ヒトミ シゲキ
皆様も、嬰児や乳幼児の遺棄事件、家庭内での虐待事件、虐待の末に死亡させてしまう事件などに、 心を痛めて居られることと思います。嬰児殺しの実行犯の90%は実母です。事件の数が多く、新聞も全国版では無く、 その地域の地方版にしか掲載されなくなっています。

「同性婚がなげかける問い」

Ihara, Shoichi イハラ・ショウイチ
先日「同性婚」を認めてほしいというグループが国内のある都市で街頭行進したニュースをテレビが放映しました。

1948年7月13日をめぐる狂想曲

Ikeda Masaaki イケダ マサアキ
南山大学の教授職等をつとめ、日本に倫理神学の礎を築いたアントニー・ジンマーマン神父が、 宣教師として来日したのが1948年1月のことだった。

スティ−ブン・ベ−カ−は見捨てられて死に至ったのでしょうか?

Valko, Nancy ヴァルコ・ナンシー
病人や身体の不自由な人を殺す方法はたくさんあります。食べ物と水を与えないというのも一つの方法です。スティ−ブン・ベ−カ−の脳の圧迫を和らげるため3月に行われた手術は、彼の消化力のある器官の管へチュ−ブを通して供給されている食物と水を取り除くことについて議論が巡りました。彼の生命を終了するという決断がなされる以前に、セントルイスの郊外にある聖ヨハネ慈悲医療センタ−の記録によると、この医学上の補助装置を使った食物と水の供給は、正確に言えば「心地よいケア」と呼ばれていました。現在はメディアのみならずその病院もそれを「生命の補助」と呼んでいます。

「貧しさ」の同伴者について

Editorial オピニオン
世界に約12億人の信者を有するローマ・ カトリック教会最高指導者ローマ法王に南米出身のフランシスコ法王が就任して以来、教会では「貧しい者」 へ関心が高まり、「質素」な生活が評価され、逆に豊かさ、華美さは守勢を余儀なくされている。

‘違うこと’は美しい

Nakasone Masanori ナカソネ・マサノリ
イタリアでは豪華客船の座礁事故やマフイァの経済規模がGDPの7%と判明など、 国の財政危機に追い討ちをかけるような事案が続き、新聞やテレビなどの大手メディアは、 そうしたニュースを追う傍らで政府の緊縮財政策の是非や真偽や問題や影響等々について連日多くの時間と紙面を割いて報 道を続けている。つまりイタリア共和国は、150年前に国家が誕生して以来の「いつも通りの」危機を生きていて、 そこには普段と変わらない人々の日常が大きくうねりながら躍動し前進しているのである。

避妊の反道徳性

Saunders, William サンダース・ ウィリアム
避妊の道徳性について話す前に、私たちの一人一人が神の像と姿にかたどって創造された肉体と精神を持つ貴重な人間であることを思い出して欲しい。

体外受精

Watt, Helen ワット・ヘレン
体外受精では、夫婦の献身的行為ではなく、生物学的物質の回収や組み合わせといった製造過程により受精が行われる。この製造過程の成果に対し夫婦が愛情を示したとしても、その過程自体が変わるわけではない。人為的な関与がある以上、体外受精児は、物を製造する場合と同様、体外物質に技術的なコントロールを加えて作られた産物と言える。したがって、物がそれを造った人によって管理されるように、体外受精児が、その存在の基になった製造過程をコントロールした人物によって物のように扱われたとしても不思議ではない。